アロハ!ハワイ島のエリです。

今日はハワイに住んでいるとよく目や耳にするハワイ語を紹介します。こういうのは実際住んでみないとわからないものですよね~。さあ、みなさんはいくつ知っているでしょうか?

1. ALOHA(アロハ)これは皆さんお馴染みですね。意味は広く、Helloという意味だけでなく、Thank youやGood Byeのような意味でも使われます。挨拶にこれを使えばまず間違いない万能な言葉です^^

2. MAHALO(マハロ)これもお馴染み。「ありがとう」という意味ですね。

3. PAU(パウ、でも実際はパオに聞こえます) 「終わり」という意味で、よく”Are you pau?”などと使われます。「もう終わった?」という意味。私も初めは何を言っているのかわからず、何度も聞き返した覚えがあります^^

4. WAHINE(ワヒネ)女性、KANE(カネ)男性、KEIKI(ケイキ)子供、KUPUNA(クプナ)お年寄り。お手洗いがWAHINEとKANEとで区別されていたり、子供用の遊び場がKEIKI LANDと明記されていたりします。

5. MAIKAI(マイカイ)最高という意味です。

6. HANAHOU(ハナホウ)アンコール、もう一回という意味。素晴らしいパフォーマンスを見たら、叫んでみましょう^^

7. KAMA’AINA(カマアイナ)ハワイ市民という意味。ハワイ州の住民だということを証明できると(免許証や生徒IDなど)カマアイナディスカウントが受けられます。入場料、アトラクション料、ホテルなど様々なところで扱っているので、必ず”Do you have a Kama’aina rate?”と聞いてみましょう。

8. HOLOHOLO(ホロホロ)あてもなくぶらぶら歩いたり、ドライブしたりという意味です。ハワイらしい言葉ですよね。

9. ONO(オノ)美味しいという意味です。レストランの名前でよく「RESTAURANT ONO」とあるんですが、オノさんが経営しているレストランなのか、”おいしい”レストランなのか、迷うところです(笑) ハワイではきっと後者ですね^^

10. LANAI(ラナイ)ベランダやバルコニーのことを言います。英語では”Patio”となります。

他にもまだまだあるのですが、読者の方でこれもシェアしたい!というハワイ語があれば、ぜひコメントをください^^

Have a nice weekend!