6月11日はハワイ州の祝日である「カメハメハデー」です。今年はカメハメハデーが土曜日だったため、金曜日が振替でお休みでした。ハワイ各地でセレモニーやパレードが行われます。この日は各島(オアフ島、ハワイ島、マウイ島、ニイハウ島、ラナイ島、モロカイ島、カホオラベ島)をハワイ王国として統一したカメハメハ大王を讃える日です。

私たちは金曜日の午後5時からヒロのWailoa Parkにあるカメハメハ大王像にて行われたレイ・ドレーピング・セレモニーを見に行ってきました!セレモニーの様子は動画を見てくださいね。様々な団体から巨大な手作りレイがカメハメハ大王像に贈呈され、像の差し伸びる左手にかけられます。2名の男性が長い棒を使って左手にレイを掛けるのですが、なかなか大変そうなのでちょっとハラハラしながら見守る感じです(笑)。

式中はとてもいい天気でしたが、後半少し雲がおりてきて、そのお陰で虹がでました!ハワイに住むと当たり前のように虹が見れるのもステキですよね☆去年、ヒロの語学学校IEPに留学していた私の友人は前日レイ作りを手伝い、当日レイの贈呈にも参加していました!見るだけでなく、実際にこういったハワイの伝統的なイベントに参加できるチャンスがたくさんあるのも留学の利点だと思います。

翌日、土曜日はココナッツアイランドにてフェスティバルが行われます。地元ハラウによるフラなどを見る事ができます。その動画も近々アップしますのでお楽しみに!

IMAG0142 (1) IMAG0148