ハワイ島ヒロでのカメハメハデーイベント続編です。

1日目(金)にはレイドレーピングのセレモニー、2日目(土)にはココナッツアイランドにて地元ハラウによるフラショーが行われます。ココナッツアイランドは、ハワイ語でMoku Olaともよばれ『Island of Life』と言う意味だそうです。ヒロベイにある小島で、リリウオカラニ庭園から橋を渡ってアクセスする、とても素敵な公園です。週末にはロコがBBQをしたり、子どもたちがビーチで遊んだり、飛び込み台から海にジャンプしたりと、まさに「ハワイの休日」と言った感じです。午前中にはヒロベイの海の向こうに大きなマウナケア山がそびえ立っているのがきれいに見えます。

この日は天気にも恵まれ、青空のもと、心地よい風にうたれながらフラやハワイアンミュージックを堪能しました。フラだけでははく、クラフト、ジュエリー、アパレル、マッサージ、フードなどのベンダーのブースもたくさんありました。まわりには本当にBBQをしているファミリーもあり、ケイキ(ハワイ語で子ども)たちは海で遊びながら、大人たちはオハナ(ハワイ語で家族)とたわむれながら美味しい食べ物に囲まれフライベントを楽しむといった、これ以上無い最高の休日の風景。

ハワイ島ヒロの良いところは、とにかくアットホーム。こういったイベントもそれほど混雑するという事は無く、ゆったり座って自由にパフォーマンスを楽しむ事ができます。自分たちでBBQ始めちゃうぐらいですから、なんともフリースタイル。フラショーの間中、となりのアンティー(ハワイでは見知らぬ人でも、目上の女性をアンティー、男性をアンクルと呼びます)がずっといろんなお菓子をくれました(笑)。そんなフレンドリーさがこのうえなく可愛く、心が穏やかになるヒロの1日なのでした☆