みなさん、お久しぶりです!!
オアフ島に留学中のゆっこです。
今日はハワイで見られる不思議な自然現象についてお話します。
ハワイでは年に2回、太陽が真上に位置するために、普段は見えている”影”が消えてしまう日があるのです!!
それはハワイが北回帰線よりも南に位置しているために起こるものなのだそうです。このラハイナヌーンのハワイ語の意味は、‘la’は太陽、‘haina’は過酷な、そして‘noon’は正午や最高点のという意味があるそうです。ということはラハイナヌーンとは“灼熱の太陽が最高点にある昼”という意味になりますね。
日本は北回帰線よりもかなり北に位置しているので基本的には見られないそうですが、もしかしたら沖縄地方ではそれに近いものが見られるかもしれませんね。
今年の1度目のラハイナヌーンは
オアフ島で5月26日
ハワイ島で5月18日 でした。
2度目は
オアフ島で7月16日
ハワイ島で7月24日
だそうなので、その期間にハワイに滞在中の方がいればぜひ観察してみてくださいね。
Mahalo
ゆっこ

ラハイナヌーンでは太陽が真上にあるため、影がなくなってしまう!